2021.12.21

村上佳菜子さんが宮司愛海アナとのアイスダンス話でまさかの現役復帰宣言!?「パートナーを見つけてください!」

  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

【シングルとの滑り方の違い】

宮司 シングルで滑る時との違いはどれくらいあるのでしょうか?

村上 全く違います。たとえば一緒にせーので歩きましょうって言った時に、歩幅も違えば、踏み込む足も違うかもしれないじゃないですか。

宮司 確かに。そうですね。

村上 そこから合わせていくとなるとさらに難しいですよね。ボールペンで字を書くのは自信を持って書けるけれど、筆となったらドキドキするじゃないですか。ちょっとしたブレも出ちゃうので。そんな感覚がありますね。

宮司 なんだかわかるような気がします。

村上 ボールペンだとサーッと書けちゃって、ちょっとした間違いもごまかせちゃう。それが筆、つまりアイスダンスだとできない感じですね。

宮司 なるほど。そういうことなんですね。面白い! 聞けば聞くほど髙橋選手がどれぐらいすごいことをやっているかもわかってきますね。

村上 それだけではないです! 男性だとリフトもありますから。あれは超~大変だったと思いますよ。髙橋選手も最初の頃は脚が震えていましたし。でも今ではラクにできるようになっていますよね。(村元)哉中ちゃんも(体が)どんどん細くなって、無駄なものが本当になくなっているじゃないですか。お互いの努力がないと、今のブレのないリフトにはなっていかないと思います。ふたりの努力ですよね。あれは本当にすごいと思います。

宮司 お互いが近づいていく感じですよね。

村上 哉中ちゃんのほうがやっぱり経験が長い分、最初の頃はサポートしている感じがあったけれど、今は哉中ちゃんも安心して、髙橋選手に体を預けられている感じ。それがどれだけすごいことかというのは、なかなか言葉では表現できないくらいだと思います。

宮司 シングルの髙橋選手を知っている人からすると、できて当たり前なのかなと思ってしまいそうですが、簡単なことじゃないんですね。


【村元・髙橋組と小松原組の違い】

宮司 村元・髙橋組と小松原組の演技の違いはどこにあるのでしょうか?

村上 え~、難しいですね。たとえば色でわかりやすく言うと、村元・髙橋組は(カメラマンで映画監督の)蜷川実花さんの撮る写真みたいな感じ。

宮司 おお~。色彩が強い。

村上 バーンとして派手な感じ。すごく私のイメージで言ってますよ。一方、小松原組は、とても素敵な風景画みたいな感じ。自然のイメージです。

宮司 雄大な。

村上 そうです、そうです! 滝だったり、木の葉越しに見える富士山など、そういうようなイメージです。

宮司 正反対かもしれないですね。

村上 リフトも含めて私のなかで2組の滑りはそういうイメージです。

宮司 わかりやすかったです。

村上 イメージが伝わったらうれしいです(笑)。いつも解説で「佳菜子節よろしくお願いします」って言われます。

宮司 まさに佳菜子節。たとえが絶妙でした。

村上 独特すぎてすみません(笑)。でも本当にそれぞれの魅力があって、素敵です。またそこにジャッジの好みがあるかもしれないですけどね。