2021.12.21

村上佳菜子さんが宮司愛海アナとのアイスダンス話でまさかの現役復帰宣言!?「パートナーを見つけてください!」

  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

この記事に関連する写真を見る 宮司愛海連載:『Manami Memo』特別編・後編

フジテレビの人気スポーツ・ニュース番組『S-PARK』とweb Sportivaのコラボ企画として始まった宮司愛海アナの連載『Manami Memo』。前回に続き、今回もフィギュアスケーターの村上佳菜子さんとともにアイスダンスの魅力について語り合います。

前編(アイスダンス「髙橋大輔選手の挑戦はすごいことなんです」)はこちら>>>
この記事に関連する写真を見る

【北京五輪の展望】

宮司 今年はなんといってもオリンピックシーズン。世界を含めて、アイスダンスの状況や展望について、村上さんはどのように考えていますか?

村上 アイスダンスはアメリカやヨーロッパがすごく強いなというイメージです。この間、NHK杯で村元哉中・髙橋大輔組や小松原(美里、尊)組が滑った時に、素敵だなと思いましたが、表彰台までは届かなかった。それを見て、世界のレベルの高さを感じたので、それだけアイスダンス界も世界的にレベルが上がっているんだなと思いました。そこにどれだけ日本の選手たちが食い込んでいくか、これからの見どころですね。

宮司 世界のトップアイスダンサーで言うと、ガブリエラ・パパダキス、ギヨーム・シゼロン組とか。

村上 すごいですよね。オシャレです、一つひとつのスケーティングが。

宮司 世界のアイスダンスのみならず、今季は、北京五輪の代表1枠を目指して日本のアイスダンスチームが、これまでにはない選考レースを繰り広げて注目が集まっています。いよいよ今月22日からの全日本選手権で代表が決まるわけです。枠はひとつしかありません。

村上 そうなんですよね。村元・髙橋組も本当に北京に向かって計画的に(課題を)一つひとつクリアにして一歩一歩階段を上っているところがあって世界的にも注目されているし、ぜひ行ってほしいなと思います。一方で小松原夫妻ペアも五輪出場のために身を削って毎日毎日、一歩一歩踏みしめて歩んできた道ではあるので。みんなに言えるのは、やってきたことを信じて、自信を持っていつもみたいに滑ってほしいなと思います。だから、どの組に決まってもうれしいし、苦しいです。

宮司 それぞれがそれぞれの持つ力を発揮して。すべての選手がそうできるといいですね。

村上 やりきったと思ってほしいですよね。シングルもそうですけど。みんなこの4年に一度のオリンピックに懸けてきているところがあるので。

宮司 全員を応援したいですよね。

村上 本当に。枠が少ないんですよね。出ない国からわけてもらえないかな。「すみません、ちょっともらっていいですか?」って言って(笑)。

【アイスダンスはシングルの勉強にもなる】

宮司 アイスダンス、見ていて楽しいですよね。

村上 楽しいです。メリル・デイビス、チャーリー・ホワイト組も大好きだったし。テッサ・バーチュー、スコット・モイア組も好きだったし。毎回、世界選手権では必ずアイスダンスを見に行っていました。

宮司 シングルの選手でアイスダンスが好きという選手も多いのですか?

村上 私が現役の時はみんな結構アイスダンスが好きで見ていたと思います。(浅田)真央ちゃんともよく一緒に見に行っていました。

宮司 今の選手はどうなんでしょう。

村上 好きだけれど、そこまでやりたいという子たちは多くないと思います。今、シングルがジャンプの時代だからその余裕がないのかも。アイスダンスは振付の(樋口)美穂子先生も好きだったんですよ。だから、アイスダンスを(勉強のために)見なさいとよく言われていました。

宮司 それはやっぱりスケーティング、表現力を磨くために?

村上 そうですね。ジュニアの時から見なさいと言われていて。オフシーズンにスケーティングを学ぶとなったら、アイスダンスをやっていた先生のところへ行くことが多かったです。アイスダンスも「ちょっと組んでごらん」みたいな感じで、滑ることもありました。「え~、どうやってやるの? 楽しい~」みたいな。まだ若かったので、それぐらいのテンションでしたけど(笑)。