2021.12.21

村上佳菜子さんに宮司愛海アナが聞いたアイスダンスの魅力とシングルとの違い。「髙橋大輔選手の挑戦はすごいことなんです」

  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

この記事に関連する写真を見る

【アイスダンス特有の難しさ】

宮司 逆にふたりだからこそ合わせる難しさもあるのかなと思うのですが、やってみて難しさを感じたことはありましたか?

村上 ありましたね。でもその時はどちらかと言うと一緒にやるのが楽しいという気持ちが大きかったです。その後、一度取材で髙橋選手と組んで少し滑らせてもらったことがありますが、いつも滑っている重心の位置だとなかなかうまくできなくて。自分が思ったよりも(相手に)もたれかかって、重心をうしろにして滑らなきゃいけないんです。

宮司 勇気がいりますね。

村上 そうなんです。その難しさ。これまでの感覚や経験があるから、違うことをする怖さみたいなものもあったりして。やっぱりふたりで滑るのって難しいことなんだなと、その時に改めて感じました。

宮司 実際にやってみないとわからないことだったんですね。

村上 だからこそ、より興味があるという気もします。

宮司 アイスダンスがほかのフィギュアスケートの種目と違うところって、一番はどんなところだと思いますか?

村上 たくさんあると思いますが、やっぱり靴が違うかな。

宮司 そうか、まず靴から違うんですもんね。

村上 エッジの長さもカーブも違います。同じ氷の上を滑っているから同じように見えるんですが、ほぼ違う競技みたいな感じです。全く同じようにはシングルの人は滑れないので。だからこそ、髙橋選手も苦労している部分があったはずです。あれだけ技術があって(質の高い)滑りも持っている人でもあんなにも苦労しているということは、本当に全くの別の競技と考えてもいいくらい違う部分が多いと思います。だからこそ、髙橋選手の挑戦というのはすごいことなんだよというのは、みなさんに知ってもらえたらいいなと思います。

【髙橋大輔選手の進化】

宮司 その髙橋選手はアイスダンスで2シーズン目。今季と昨季を比べての成長や進化についてはどうでしょうか?

村上 めちゃめちゃレベルアップしてるなって思いますね。昨シーズンは、髙橋選手は覚えたことを出すのに必死な感じで、リフトも一生懸命に持ち上げている、という感じが伝わってきていて。まだ髙橋選手のあの......なんて言うんだろう。

宮司 伸び伸びとした表現力。

村上 そう。表現力だったり、髙橋選手の色だったりというのがなかなか見えてこなかったんです。でも、今シーズンは髙橋選手の色がだんだん出てきていて、伝わってくるものがすごく強く、濃くなってきていると思います。普通のスケーターや私だったら何年もかかるようなことが、この短期間でできているというのは、髙橋選手の才能と魅力です。
それにプラスして、村元選手も昨シーズンまでは髙橋選手をサポートしている滑りと言うか、支えてあげている感じがあったんですけど、今シーズンからは、リフトでは安心して体を預けているなというのを感じたので、そういったところが点数や結果に残っているのかなと思います。

宮司 それこそ髙橋選手はシングルを経験されてからアイスダンスという、さっきおっしゃった言葉を借りれば全く別物にチャレンジされていると思うんです。その挑戦について、最初聞いた時はどう思われましたか?

村上 (村元選手とのカップル結成には)びっくりしました。その発表の前に村元選手にパートナーがいないという話を聞いていて、「でもこれでやめちゃうのはもったいないから、いろんなところに行ってアプローチをかけたほうがいいと思う。哉中ちゃんはすばらしい才能や魅力を持ってるから、みんながやってほしいって思ってるよ」と話していて。その何週間後にカップル結成の発表があったので、「エーッ!」と驚きました。

宮司 その時、村上さんはまだ髙橋選手と組むことは知らなかったんですね。

村上 きっと準備は進んでいたかもしれないですが、まだ公表前でしたので。でもまさか、村元選手と髙橋選手が一緒に組むというのは考えてもいなかったので驚きました。こんなふうに驚かされたのは2回目です。1回目は髙橋選手のシングルでの現役復帰の時(2018年)。だから「またやられた!」みたいな感覚はありました(笑)。

【村元・髙橋組の今後の目標】

宮司 びっくりしましたよね。
さて、村元・髙橋組は、今シーズンここまで好成績を残しています。実際どういう目標をおふたりは立てていると思いますか?

村上 やっぱり北京オリンピックに出たいという気持ちはすごく強いんだろうなというのを感じます。ただ、ここまで(経験を)積み上げてきた小松原(美里、尊)夫妻のペアもいるので、私は両カップルの気持ちがわかる。どちらに(五輪代表が)決まってもうれしいし、寂しいし、苦しい気持ちもあるのかなと思います。今できることを2組には頑張ってほしいなと思っています。