2021.12.21

村上佳菜子さんに宮司愛海アナが聞いたアイスダンスの魅力とシングルとの違い。「髙橋大輔選手の挑戦はすごいことなんです」

  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

この記事に関連する写真を見る

宮司愛海連載:『Manami Memo』特別編・前編

フジテレビの人気スポーツ・ニュース番組『S-PARK』とweb Sportivaのコラボ企画として始まった宮司愛海アナの連載『Manami Memo』。今回は特別編として、プロフィギュアスケーターの村上佳菜子さんとともにアイスダンスについて語ります。髙橋大輔選手と村元哉中選手の活躍で盛り上がっているアイスダンスの世界。12月22日から開催される全日本フィギュアスケート選手権での各組の演技にも注目です。
この記事に関連する写真を見る

宮司 今日はアイスダンスについて村上佳菜子さんにお話を伺いたいと思い、お越しいただきました! ありがとうございます!

村上 こちらこそありがとうございます! よろしくお願いします。

【アイスダンスの魅力】

宮司 まずは「氷上の社交ダンス」と呼ばれるアイスダンスですが、村上さんはどんなところに魅力を感じていますか?

村上 私は選手の頃から本当にアイスダンスが大好きで、試合に出た時は必ずアイスダンスの試合を見に行っていたくらいなんです。やっぱりスケートのよさがあります。もちろんジャンプがあったりスピンがあったりするのもスケートの魅力のひとつなんですが、氷の上で音(曲)を感じながら滑るというのが、アイスダンスの魅力。ひとつの作品のような、ストーリーを感じる演技なので、そういったところが魅力なのかなと思います。

宮司 ひとつの作品というお話がありましたけれども、ふたりで作りあげるわけですよね。ふたりの関係性も演技に表れると思うのですが、そこに関してはいかがですか?

村上 私はシングルしかやったことがないので、うらやましいなと思います。私自身もいつも滑る時にストーリーをみんなにわかってもらえるように滑りたいと思っていたのですが、たとえば『オペラ座の怪人』を滑るとしたら、シングルだと、ファントムを演じるかクリスティーヌを演じるか、どちらかにしかなれない。

宮司 ひとりしかいないですもんね。

村上 だから私はショート(SP)とフリーで『オペラ座の怪人』を滑ったことがあるんです。SPがクリスティーヌでフリーがファントムで、というように同じ曲を使って違うプログラムを演じたシーズンがあったのですが、ひとりだとそのようにしか見せることができない。でも、アイスダンスだと、ひとつのプログラムで物語としてクリスティーヌとファントムを見せることができるので、「魅せる」という部分を追求できて、やっぱり私はうらやましいなと思います。

宮司 アイスダンスをやってみたいという気持ちにはならなかったのですか?

村上 ずっとやってみたいと思っていました。今でもその気持ちはあります。でも、なかなか日本でパートナーって見つからなくて。今、髙橋選手と組んでいる(村元)哉中ちゃんも以前は苦労していましたね。日本はシングルが人気の国なので、そこが難しかったみたいです。

宮司 ちなみに実際にやったことは?

村上 少しだけ。リフトなどはやったことがないですが、スケーティングの練習として滑ってみました。やってみると、やっぱり楽しくて。一緒に滑った男性の選手が上手にリードしてくれて、「このステップってここに(体重を)乗せて滑るものなんだ」みたいな、今までひとりで当たり前のようにやっていたことも、ふたりで組んだ時に新たな発見があると言うか。そこはすごく楽しかったです。