2020.12.20

宮里藍の鋭い質問に宮司愛海がタジタジ!?「私もまだまだ修行中の身です」

  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

宮里 とにかく卓球は奥が深くて、話をうまく掘り下げられなかったというか。スピンのかけ方など、ゴルフにも通じる部分があるので、話を聞いていると、どんどん興味は湧いてくるんですけど......。

宮司 宮里さんのような、スピンを知り尽くした方が聞いたら、より深いインタビューに......。

宮里 それが全然できなかったんですよ、本当に(苦笑)。

宮司 いえいえ、卓球場でのインタビュー、よく覚えています。面白かったです。

宮里 自らの反省はともかく、水谷選手が「最後」と公言するオリンピックにどんな思いで臨むのか、そこは注目していきたいと思っています。

宮司 宮里さんは、『S-PARK』でご一緒している柔道の野村忠宏さんとは以前から親交があったそうですが、ゴルフ以外の競技の選手ではどんな方とお知り合いなんですか?

宮里 現役時代はアメリカにいたので、他競技の選手と交流する機会はまったくなかったのですが、引退してからはつながりが増えましたね。バドミントンの藤井瑞希さんや、バレーボールの狩野舞子さん。新体操の田中琴乃さんとは、以前にスポーツイベントで一緒になってから交流させてもらっています。

宮司 今名前が出た方々とは、私も一度お会いさせていただき、その節はありがとうございました(笑)。

宮里 私も楽しかったです(笑)。

宮司 それぞれが自分の道を極めてきた人たちばかりだから、誰の話を聞いても面白くて。みなさん、本当に素敵な人たちだなと思いました。

宮里 そうやって他競技の選手の話を聞くのは、毎回楽しいですね。歩んできた道はまったく違うのに、不思議と共感できるところがあって。まったく違う競技でも波があるのは一緒なので、そこで当たる壁の乗り越え方はわかり合えるものになっていくのかなっていう気がします。