2019.09.13

宮司愛海アナが思わず微笑む。
女子バレー日本代表3選手の不思議な関係

  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

 そんなチームを率いる中田久美監督は、選手の誕生日には必ずお祝いをされています。ケーキも自分で持ってくるんですよ。普段の練習でも、選手ひとりずつ声をかけています。日頃の緻密なコミュニケーションがあるからこそ、選手のコンディションをしっかり把握できるのだと思います。

 初めて中田監督にインタビューさせていただいたのは、約1年半前の始動会見の時です。私のスポーツキャスターとしてのキャリアも始まったばかりで、手探り状態でインタビューをさせていただいたので、空気もピリッとしていましたね。その時が、これまでで一番冷や汗をかいた取材でした。

 しかし、先ほどのコミュニケーションの話でもわかるように、優しさが滲み出ていました。優しさを前面に出してしまうと、緊張感がなくなってメリハリもつかないため、意図的にピリッと振る舞われているのかなと思います。緊張と緩和のバランスが取れた「理想の上司」という印象でした。

 そんな中田監督が現役時代にプレーされていたセッターは……ひとりの選手に注目するのが難しいほど、スタメン争いが激化していますね。

 佐藤美弥選手はテンポを作るのがうまく、宮下遥選手はディグ(スパイクレシーブ)とサーブがすごくいい。それぞれの持ち味があるので、ワールドカップではその持ち味を2人とも発揮してほしいです。日程も長く、連戦が続くので、いろいろな選手の組み合わせや攻撃パターンが見られると思います。

 ワールドカップバレーは、中田監督が3年前の就任当時に言っていた「東京オリンピックで伝説のチームを作る」ための重要なステップの大会です。ぜひともメダルを獲得し、その期待を膨らませてもらいたいです!

フジテレビ系 スポーツニュース番組『S-PARK』
      毎週土曜日 24時35分~25時15分
        日曜日 23時15分~24時30分

『S-PARK』の公式HPはこちら>>
★『S-PARK』のTwitterはこちら>>
★宮司愛海アナのInstagramはこちら>>

『FIVBワールドカップバレーボール2019』2019年9月14日(土)開幕!

フジテレビの『ワールドカップバレー 2019』HPはこちら>>

関連記事