2020.12.05

上村アナがパラカヌー・瀬立モニカのすごさを実感。驚異の筋力と緻密さ

  • photo by Yamamoto Raita

 私も実際に競技用ボートに乗せてもらったのですが、まず、すごく細くてびっくりしました。座ってみると私の腰の幅ピッタリぐらいしかなく、グラグラしていてただただ怖くて、一度、本当に転覆しそうになりました(苦笑)。瀬立選手が腹筋から下の感覚がない中でどうやってバランスを取っているのか本当に不思議でした。「頭に重心を置く」「肩甲骨を閉める」と瀬立選手が説明してくれましたが、感覚的に理解するのは難しく、本当に怖かったので、瀬立選手が最初、パラカヌーを勧められても断った気持ちが少しわかった気もしました。

 周囲のサポートも受けながら実力をつけてきた瀬立選手ですが、いつもそばで応援している母・キヌ子さんは特に成長を実感しているひとりです。リオパラリンピックの時は、出場することで満足していたという瀬立選手ですが、この4年間で意識が大きく変わりました。キヌ子さんは「すごくアスリートらしくなった。これまでは自分が支えていたけれど、今では自分が支えられている」と頼もしく感じているようです。

 明るく素敵な笑顔で、「地元の江東区で行なわれるパラリンピックで金メダルを獲りたい!」と力強く語ってくれた瀬立選手。12月6日(日)放送の『S☆1』では、今回の取材で聞いた、瀬立選手が大切にしている言葉を紹介します。これからの瀬立選手のさらなる活躍に注目です! 

■プロフィール 上村彩子(かみむら・さえこ)1992年10月4日 千葉県生まれ
【担当番組】『S☆1』土/24:30〜 日/24:00〜 『SUPER SOCCER
日/24:50〜 その他スポーツ中継など

>>インスタグラム @saekokamimura
>>Twitter @kamimurasaeko_6

関連記事