2014.11.07

フィギュア・村上佳菜子選手の「新エースとしての決意」

「私がこれまでフィギュアスケートを続けてこられたのは、どんなに苦しい練習があってもいい演技をしたら、観客からスタンディングオベーションや拍手を送ってもらえるから。『それまでの苦労は何でもなかった』と思えて、すべてが報われたような幸福な気持ちになれるから。それがあったから続けてこられたし、苦しめば苦しむほどその先にある喜びは大きくなるもの。佳菜子が現役を続けていけば、この先にもっといい景色が待っていると思うよ」

 そして、その言葉を聞いた村上選手は、現役続行を決めたのでした。

 また村上選手は、浅田選手に競技を続けることを伝えた時に「全力で応援する。ガンバレ!」と言ってもらえてとてもうれしかったと話してくれました。

photo by Yamamoto Raita おしゃべりをしている時も食事の時も、常にスケートのことを考えている浅田選手の姿を見て、村上選手はたくさんのことを学んできたといいます。同じ中京大ということもあって一緒にいる時間が長く、一生懸命練習に取り組む浅田選手をずっと見てきた村上選手は、「私はまだまだ甘い、もっとスケートを頑張ろうと思います」と、決意を新たにしていました。

 村上選手の今年の使用曲は、SP、FSともに『オペラ座の怪人』(ファントム・オブ・ジ・オペラ)。SPはヒロインのクリスティーヌが初めてお客さんの前で歌うシーンで、最初は不安げだったクリスティーヌが次第に自信を得て、壮大に歌いあげていくというプログラム。そしてFSは、ファントムがクリスティーヌへの愛を表現する構成です。

『オペラ座の怪人』は、これまで多くのスケーターが滑ってきた定番プログラムのひとつ。村上選手はさまざまな選手の“オペラ座”を見ていたものの、自分が演じたいと考えることはありませんでした。それが、ある時「劇団四季」のミュージカル『オペラ座の怪人』を見て衝撃を受けて以来、「いつかこのプログラムで滑りたい!」と希望するようになったのです。

 そして今シーズン、村上選手があらためて山田満知子コーチにお願いして、ついに『オペラ座の怪人』で滑ることになりました。村上選手の「スケートを続ける」という強い気持ちに、山田コーチが応えてくれたのだと思います。

 村上選手の新たな挑戦の第一歩が、自分で選んだ大好きな曲で始まるというのは、なんだかワクワクしてきます。村上選手のグランプリシリーズ初戦は、11月7日からの中国大会。さらにその日は、村上選手にとって20歳の誕生日でもあります。新エースの活躍に期待しています!

羽生結弦の今シーズン初戦!村上佳菜子と男女ダブル優勝へ!!
フィギュアスケート
グランプリシリーズ第3戦 中国大会

11月7日(金)よる7時30分~※一部地域を除く
11月8日(土)よる6時56分~
テレビ朝日系列で放送
詳しくはこちら>>http://www.tv-asahi.co.jp/figure/

関連記事