2013.12.05

集大成のシーズン。
「大人のスケーター」へ進化した浅田真央選手

 フリーの構成で、私が「とても素敵だな」と思っているのは、最後のステップシークエンス。タチアナ・タラソワコーチは、「これは浅田選手のスケート人生を表現しているプログラム」と話していました。最後のステップは、浅田選手自身も「今までの自分のすべての技術や力を出し切るものにしたい」と話しているほど思い入れのあるものになっています。

photo by Yamamoto Raitaphoto by Yamamoto Raita  浅田選手が「集大成」と決めているソチ五輪で、世界中を感動させるような素晴らしいステップで演技を締めくくってもらいたいと思います。

 バンクーバー五輪の時、大会前はジャンプが不調だったにもかかわらず、本番ではキッチリと3Aも決めた気持ちの強さは、浅田選手のストロングポイント。今年も、昨シーズンまで跳べていなかった3Aを五輪シーズンになってキッチリと跳べるようにしてくる精神力には、本当に驚かされます。

「いつもの練習どおりにやって、ベストを出すことだけを考えてやっている」と言う浅田選手は、シーズン前は「ソチのために前進している」と話していましたが、シーズンが始まってからは「今はソチのことは考えていない」と、目の前の試合ひとつひとつに集中しています。

「今はまだ完璧にし過ぎないことが大事。ちょっとずつ課題を見つけてそれをクリアしていきたい」と、焦らずじっくりと仕上げて、ソチ五輪でベストの状態に持っていくのが一番重要と考えて、今シーズンひとつひとつの大会で結果を残しています。

 浅田選手は、バンクーバー五輪後からそれまでのジャンプに対する意識と跳び方を一新。一から作り直すとともに、スケーティングの改良にも取り組むなど、さらに上のレベルのスケーターになるために努力を続けてきました。