2017.01.11

馬場ふみかさんに先輩ランナーが伝える
「本番ならではの楽しさ」

馬場 ああ~、本当、つらいんでしょうね。苦しさを表現する芝居をするときは、きっとマラソンのことを思い出したりするんだろうなあ……。

中島 お!女優業の役に立っているじゃないですか(笑)。私の知り合いで心理メンタルのコンサルティングをしている女性がいて、ご主人がマラソンとトライアスロンを始めたら、明らかに以前とは言動が変わり、ポジティブな性格になったといいます。完走したら仕事上で、いい効果が生まれるかもしれませんよ。

大杉 そうなんですよ。私がまさにそうでした。マラソンをやる前と後じゃ、性格が変わりましたからね。昔はイジイジしていたけど、今は活動的になりました。

中島 さすがミステリーハンターですね(笑)。馬場さんも、もしかしたらそういったことがあるかもしれない。

馬場 元気になりすぎちゃうかもしれませんね(笑)。未知の世界で分からないことばかりですが、とにかく頑張ります。あ、そういえばこの企画って頑張りすぎないランニング講座でしたよね。

中島 頑張ってもいいけど、あきらめず走ってください。練習のときみたいに文句を言いながら走っていいですから(笑)。

馬場 はい、わかりました(笑)。

大杉 そのままの自然体でいいと思う。走っているとき文句を言って発散しながら走るのもアリです。私もフルマラソンで、ずっと怒っている5キロとかありますから(笑)。

中島 ハハハ。確かに過去、モデルさん何人かと走ったことがあるんですけど、みんなそんな感じで、ガス抜きしながら走りますね。まあ走ることは旅ですから楽しんでください。ハーフ21キロの間にきっと色んなことがあると思います。旅にはトラブルがつきものですからね。

馬場 はい、何があっても楽しめるよう走りたいと思います。そして最後は経験したことのない達成感を味わいたいですね。

衣装協力/ニューバランス http://shop.newbalance.jp/

関連記事