2021.07.10

メッシのドリブルを解説。ポイントは足を手のように動かせるコントロール力にある

  • 松岡健三郎●取材・文 text by Matsuoka Kenzaburo
  • photo by Matsuoka Kenzaburo

◆バルサの財政問題で足元から揺らぐリーガ。メッシもついに無所属に>>

 ドリブルしながら、細かいタッチでボールを運ぶのは難しいというイメージがありましたが、意外とスピード感を持ってプレーしても、ボールが足から離れずに運ぶことができました。

メッシのドリブルをマネして、自分の可能性を広げてみようメッシのドリブルをマネして、自分の可能性を広げてみよう この記事に関連する写真を見る  マネをすると、今の自分が持っている以外の部分が見えてくることがあります。今回は非常にいい機会になりました。思ったよりもきれいにできたので、これからは試合でも使ってみようと思います。

 プレーヤーのみなさんには、「自分はドリブラーではないから、パスだけ練習する」というのではなく、自分の可能性を広げるためにも、まずはマネしてみてほしいです。チャレンジしてから、いるもの、いらないものを選択すればいいでしょう。

 両足をボールの奥にステップしてから方向転換する「追い越しクライフターン」なども、自分では絶対に思いつかないプレーでした。

 オーソドックスに軸足を固定して切り返す「クライフターン」よりもやりやすかったですし、ステップで相手を惑わすフェイントのようにも使えるので、確実に相手の逆方向へボールを運べます。

「クライフターン」でよくある、切り返しのタッチが軸足に当たってしまうミスも、このワザだったらありません。

 メッシのすべてのワザを取り入れるのは難しいですけど、メッシのプレー要素の一部分であれば、取り入れられる発想やテクニックがあったので、みなさんもぜひ試してみてください。

 メッシや僕が実演した動画と、まったく同じでなくていいと思います。自分流にアレンジした近い形のプレーだったり、試したことをきっかけに自分に合ったプレーが見つかるようになるといいですね。

リオネル・メッシ
Lionel Messi/1987年6月24日生まれ。アルゼンチン・ロサリオ出身。地元ニューウェルズ・オールドボーイズから13歳の時にスペインに渡り、バルセロナの育成組織に入団。17歳でトップチームデビュー後、ここまで17シーズンを過ごし、リーグ優勝10回、チャンピオンズリーグ優勝4回、バロンドールを6度獲得するなど、大活躍をつづけている。リーガ通算520試合/474ゴール(21年5月時点)。細かいタッチのドリブルで次から次へと相手をかわし、1人でゴールを決められる。ここ数年はラストパス、FKにも冴えを見せる。アルゼンチン代表では、05年ワールドユース優勝。08年北京五輪優勝。しかしA代表では、14年ブラジルW杯、07、15、16年コパ・アメリカなど、準優勝が最高成績。

この記事に関連する写真を見る

阿部翔平
あべ・しょうへい/1983年12月1日生まれ/神奈川県横浜市出身。市立船橋高校-筑波大学と進み、06年に名古屋グランパスへ入団。鋭い左足のキックを武器に左サイドバックのレギュラーとして活躍し、10年にはクラブ史上初のJ1優勝に大きく貢献した。その後、ヴァンフォーレ甲府、ジェフユナイテッド千葉などでプレー。J1通算317試合/3得点。現在は東京都1部リーグのSHIBUYA CITY FCに所属してプレーしている。キックに特化した自身のYouTubeチャンネル「阿部 翔平/Abe Shohei」も更新中。

関連記事