2021.06.26

エムバペのドリブルは何がすごいのか。ロナウド+メッシの究極進化系

  • 松岡健三郎●取材・文 text by Matsuoka Kenzaburo
  • photo by Matsuoka Kenzaburo

◆エムバペの驚異のテクニックを大解剖。メッシ&ロナウド越えはほぼ確実>>

 プレーする時は、この「ボールの置きどころ」がすごく大事です。

 動画を見る時などは、いろんな選手のボールの置きどころを見て、「何でここに置いているのかな?」「ここに置くメリットは何かな?」など、自分で考え、いろいろ試してみるとすごく勉強になります。そうすると自分に合うもの、合わないものがわかってくると思います。ただマネするだけではなく、考えて自分のものにしてほしいですね。

 僕は小さい頃「マラドーナの5人抜き」を何度も見て、気づいたことがあります。それまではプレー中でも、ドリブル中でも、ボールは常に足元に置くのが正解だと指導されてきました。でもマラドーナを見て、「そうでなくていいんだ」と。速く前に進みたいのなら、ボールを足元から離してスペースに出し、そこに走っていけばいいんだと思ったのです。

 だから、いいプレーのシーンでは、その選手がなぜそこにボールを置いているのか、よく見て、よく考えることが大切ですね。

キリアン・エムバペ
Kylian Mbappe/1998年の12月20日生まれ。フランスのパリ郊外のボンディ出身。フランスの育成組織の名門、クレールフォンテーヌ国立研究所で育つ。2013年からモナコユースに所属し、15年にトップチームデビュー。翌シーズンのチャンピオンズリーグベスト4、リーグ優勝に貢献した。17年にパリ・サンジェルマンへ移籍しチームのリーグ3連覇に貢献。18年ロシアW杯では19歳ながら10番を背負い、優勝を経験した。驚異的なスピードと強靭なフィジカルを兼ね備え、ドリブルで他を圧倒。2020-21シーズンは得点力も増し、リーグアン得点王に輝いた。

この記事に関連する写真を見る

永井雄一郎
ながい・ゆういちろう/1979年2月14日生まれ/東京都新宿区出身。三菱養和SCから、1997年に浦和レッズに入団。98年にカールスルーエ (ドイツ)でプレーし、翌年に浦和へ復帰。06年にリーグ優勝。07年 にはACLのタイトルを獲得し、大会MVPも受賞。その後、清水エスパルス、横浜FC、ザスパクサツ群馬などでプレー。J1通算289試合/52得点。日本代表ではU-20代表で2度のワールドユースに出場。99年大会は準優勝に貢献した。国際Aマッチ4試合出場1得点。現在は、神奈川県2部リーグの「はやぶさイレブン」で選手兼コーチとして活動している。

関連記事