2021.06.05

ネイマールの超絶テクニックを石川直宏が解説。スピードを生かす極意

  • 松岡健三郎●取材・文 text by Matsuoka Kenzaburo
  • photo by Matsuoka Kenzaburo

◆歴代スーパースターがズラリ!ワールドサッカー「天才ランキング」>>

 相手がなかなか動かなかった場合は、「ネイマールステップ」のように、一度ステップを踏むことで相手を反応させたり、一瞬踏ん張らせたりしてから、トップスピードに乗る突破を仕掛ける。ここの相手を動かす足ワザは多彩なので、見どころがあります。

相手と対峙して止まった時の、ボールの置きどころが大切になる相手と対峙して止まった時の、ボールの置きどころが大切になる この記事に関連する写真を見る  ネイマールのプレーを見て楽しんだり、マネしたいという人たちには、彼の体の使い方はもちろんですが、何よりも足元のどこにボールを置いているのかを見てもらえると面白いと思います。右足の前なのか、左足の前なのか、あるいは真ん中なのか。ボール半個分位置が違うだけで、相手の立ち位置や反応は変わりますし、繰り出すワザも変わってきます。

 プレーヤーの方にとって仕掛ける楽しさが味わえるのは、やはり「ゼロヒャク」のプレーでしょう。ぜひ「ネイマールステップ」にチャレンジしてみてください。

ネイマール
Neymar da Silva Santos Júnior/1992年2月5日生まれ。ブラジル・サンパウロ出身。17歳でサントスとプロ契約をかわし、13年からはバルセロナ、17年からはパリ・サンジェルマンでプレー。ブラジル代表は10年の18歳の時にデビューし、以降エースとして活躍しつづけている。主に左ウイングの位置から、多彩なテクニックで攻撃を演出する。

この記事に関連する写真を見る

石川直宏
いしかわ・なおひろ/1981年5月12日生まれ、神奈川県横須賀市出身。2000年に横浜F・マリノスユースからトップチームに昇格。02年にFC東京へ移籍。09年には自身初となるJリーグベストイレブンに選出。スピードとキレのあるドリブルから数多くのゴールシーンを演出した。日本代表は01年にU-20代表として、ワールドユースアルゼンチン大会に出場。04年はU-23代表としてアテネ五輪に出場。日本代表国際Aマッチ6試合出場。17年に現役を引退。J1通算289試合出場/49得点。引退後はFC東京クラブコミュニケーターに就任、テレビ解説者などでも活躍中。

関連記事