2021.03.17

ほのか「できないですよ!」。ポールダンスの大技挑戦前に弱気!?

  • 津金壱郎●取材・文 text by Tsugane Ichiro
  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

 この日のトレーニングで最後にチャレンジしたのが、新たなる技。しかも、これは来るポールダンス編の最終回で、音に合わせて演技を披露する際に「シメの技」として考えているもの。その説明を受けて、デモンストレーションを見たほのかさんは速攻で......。

ポールダンスで大技に挑んだほのかさんポールダンスで大技に挑んだほのかさん

「えーーーー! できないですよ、できない! できない!」

 ほのかさんの全力の拒否にあっても、それでもyamadori先生は「ほのかさんは体を引き上げるのが上手なので、できると思いますよ」と説得。その言葉を受けて試しにチャレンジしてみることに。

 新たな技は『逆上がり』。その名の通り、ポールダンスにつかまりながら逆上がりをしたら、ヒザを使ってポールで体を固定するというもの。ただ、失敗したらスタジオの床に頭から落ちることになる。ということで、最初はyamadori先生のサポートを受けつつトライした。

 左脇の下でポールを抱え込んで、右手はその上でポールを握る。その体勢から脇腹を支点にしてクルッと逆上がりの要領で足をあげる。

 逆上がりができたけれど、そこから先の動きに苦戦したほのかさんは、「これは難しい」とひと言。

 それでもついさっき「できない」を連発した人とは思えない勢いで再度トライ。

 逆上がり後のところで時間がかかって、ほのかさんは頭に血がのぼってフラフラ状態。それでも何度目かのトライで、先生のサポートを受けながら、逆上がり後に右ヒザ裏でポールをひっかけて体を固定させるところまでできた。

 yamadori先生が「こんなにキレイにできるようになるとは思っていなかった」と驚くほどのでき栄え。

 その言葉に満足することなく、ほのかさんはこうコメントをするのだ。

「先生のあのキレイな滑らかな曲線に近づけるように頑張りたいので、もうちょっと練習させてください」

 このストイックさがあるからこそ、ほのかさんはどんなスポーツも短い期間でマスターしてしまうのだ。

「見せ方を意識すると技のつなぎ方を忘れちゃったり、逆につなぎのほうを意識すると見せ方を忘れちゃったり......。まだ両方に意識が向けられないので、次回までには、つなぎをスムーズにできて、指先までキレイに見せられるようにしたいです」

 最終回に向けての意気込みをこう語ったほのかさん。ポールダンス編のフィナーレとなる次回、どんな演技を見せてくれるのか、お楽しみに!

Profile
ほのか
1996年3月23日生まれ、神奈川県出身
「可愛すぎるビールの売り子」として芸能界デビュー
ネットを中心に話題となり、現在はバラエティ番組や
グラビアなどを中心に幅広く活躍中
◆公式Twitter  ◆公式Instagram

城倉裕紀●プロデューサー produced by Jokura Yuki
田中健一朗●ディレクター directed by Tanaka Kenichiro
山崎実、柴田徹也●ムービー撮影 movie by Yamasaki Minoru, Shibata Tetsuya
株式会社ボーダーレス●制作
yamadori●インスタラクター instructor
豊田 円●ヘアメイク hair&make-up by Toyoda Madoka
本多仁美●スタイリング styling by Honda Hitomi
STUDIO Lycoris●撮影協力
ポールダンスウェアFirst●衣装協力

関連記事