2020.08.19

ほのか「もうムリ~」からリベンジ成功。6級クリアにコーチも絶賛

  • 津金壱郎●取材・文 text by Tsugane Ichiro
  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

 完登を目指すために、まずは村井コーチが課題の攻略方法を、ポイントを解説しながら手本として登っていく。それをほのかさんは、いつにも増して真剣な表情で見つめている。

 現場の雰囲気はいつにも増して緊張感が漂っているなか、いよいよほのかさんがチャレンジする番がやってきた。

 前回挑戦した時は、反動をつけるのに手こずったセクションや、「もうムリーーーー!」と弱音を吐いたセクションも、今回はあっさり攻略。サクサク登って見事に完登を決めた。

最後はゴールホールド横につけられたカメラに向かって、「やったーーー! クリアできました。イエイ!」

 ただ、動画に収録されているこのシーンには、実は裏話があって...。

 ほのかさんがゴールホールドを両手でつかんで完登を決め、ゴール横のカメラに向かって「ひゃっほーーー! やったーーー!」と喜ぶと、直後にスタッフから「完璧です!」の声がかかる。

 いつもならクライムダウンを始めるのに、ほのかさんが微動だにしない。スタッフ間に「???」の空気が流れた瞬間、ほのかさんから言葉が発せられる。

「これ、カメラ回ってないんですけど、いいんですか???」

「あちゃー」と頭を抱えるスタッフ。ほのかさんは「じゃあ、私がスタートボタン押して、もう一回登った直後のコメント言いますねー」と優しくフォローする。そうやって撮られたのが、動画に収録されているものだ。

 前回あれほど手こずった課題をあっさりと登っただけでなく、登った直後にカメラがまわっているかをチェックする余裕まであったとは! 

 しかも、この課題を登り始める時はスタートのキツイ体勢をしたまま、しばらくカメラマンのOKが出るのを待っていたのだ。

「あれは地味に疲れますからね。それなのに楽勝で登っちゃって。やばいですよ」と、村井コーチも舌を巻く。

 さらに村井コーチは、ほのかさんの成長のすごさをこう語る。

「ほのかさんはマイシューズを手に入れましたけど、使い始めのクライミングシューズのソールは滑りやすいのに、ホールドをしっかり踏めていましたね。これって案外難しいですし、ボルダリングを始めて1カ月も経ってなくて、しかも登ったのはトータルで数度ですからね。足の使い方や重心移動がしっかりできていて、前回挑戦したときよりも登りそのものがよかった。彼女が本格的に取り組んだら、どれくらい登れるようになるのか興味があります」

 そんな絶賛を知ってか知らずか、ほのかさんは会心のスマイルでカメラに決めゼリフ。

「クリアできた。1回やっておくと全然違いますね。あと、新しいシューズのおかげです」

「リベンジ成功!!」

 次回はどんなチャレンジが待っているのか、お楽しみに。

Profile
ほのか
1996年3月23日生まれ、神奈川県出身
「可愛すぎるビールの売り子」として芸能界デビュー
ネットを中心に話題となり、現在はバラエティ番組や
グラビアなどを中心に幅広く活躍中
◆公式Twitter  ◆公式Instagram

佐賀里幸伸●プロデューサー produced by Sagari yukinobu
田中健一朗●ディレクター directed by Tanaka Kenichiro
山崎実、柴田徹也●ムービー撮影 movie by Yamasaki Minoru, Shibata Tetsuya
株式会社ボーダーレス●制作
村井隆一●インスタラクター instructor
豊田 円●ヘアメイク hair&make-up by Toyoda Madoka
本多仁美●スタイリング styling by Honda Hitomi
APEXクライミングジム●撮影協力 shooting cooperation by APEX Cimbing Gym
ASICS●衣装協力

関連記事