2020.04.10

傳谷英里香さん、滑らかに泳ぐ!タイミングよく水をかいてフォームが安定

  • photo by Noto Sunao(a presto)

中島コーチ そうですね。いろいろなことを考えないといけませんが、今回はタイミングに特化してやっていきましょう。あらためてキャッチアップのポイントを確認しますが、前に伸ばした手にもう片方の手が追いついて、触ってから水をかく動作に入ります。速く泳ごうとせず、ゆっくり、慌てずにタイミングを掴みましょう。

 それに慣れたら、肘を立てて指先を底に向けること、最後まで水を押すこと、指先を水面を滑らすようにして前に出すといった、これまでに学んだことも思い出しながら泳いでみてください。

傳谷 わかりました!(キャッチアップで泳ぐ)

中島コーチ 実際に泳いでみてどうでしたか?

傳谷 どのタイミングで力を入れて水を捉えているか、すごくわかりやすかったです。

中島コーチ タイミングを意識しないと、力んだり、慌てて手を回してしまったりしてフォームが崩れてしまいます。そうならないようにしっかりタイミングを掴んで、落ち着いて泳げるようにしましょう。

傳谷 長く泳ぐためにもすごく重要な技術ですね。これからの練習でしっかりモノにしようと思います!

(第28回につづく)

■プロフィール 傳谷英里香(でんや・えりか)
1995年11月2日生まれ、千葉県出身。2012年から2018年9月まで、アイドルグループ「ベイビーレイズJAPAN」のリーダーとして活動。現在は女優として、さまざまなジャンルに挑戦中。
2019年より、TBS『炎の体育会TV』にレギュラー出演中。その他、TBS『世界ふしぎ発見』ではミステリーハンターとして出演。同年4月には舞台「新・罪と罰」(東京芸術劇場)、8月には"体感型"ミュージカル「Fumiko」で舞台初主演。ABC「ランウェイ24」では、CA役として連ドラ初出演を果たしている。2020年4月クール新土曜ドラマ、日本テレビ「未満警察~ミッドナイトランナー~」に警察学校学生役としてレギュラー出演決定。■公式Instagram ■公式Twitter

斎藤信隆、本間敢●ディレクター directed by Saito Nobutaka,Honma Isamu
竹下権優、板垣優天、江口裕祐●ムービー撮影 movie by Takeshita Chikara,Itagaki hirotaka,Eguchi Yusuke
八戸亜季子●ヘア&メイク hair&make-up by Hachinohe Akiko
松尾由美●スタイリング styling by Matsuo Yumi
彦坂雅俊●制作協力 cooperation by Hikosaka Masatoshi
衣装・用具協力/ミズノ、Specialized湘南ベルマーレサイクルステーション(SBC)SWANSKabuto取材協力:東急スポーツオアシス武蔵小杉24Plus

■5月10日に開催予定だった「ホノルルトライアスロン2020」は延期となりました。詳しくは以下のサイトをご覧ください。

関連記事