2019.09.13

トライアスロンに挑む傳谷英里香。
準備運動の大切さを知る

  • 能登直●写真撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

トップス:ソーラーカットランニングTシャツ、メッシュTシャツ/インナー:パワーフィットブラ/パンツ:ムーブクロスショートパンツ/タイツ:バイオギアタイツロング/シューズ:ウエーブライダー22(以上、ミズノ) サングラス:SOU2C-0812 W SOU-II-Cミラーレンズモデル コンパクト(SWANS)●ラン編-胸の筋肉を伸ばし、肩甲骨と股関節を動かしやすくする


中島コーチ ランニングはいい姿勢で走ることが重要なんですが、そのためには胸の筋肉をほぐす必要があります。ここが硬いと肩が内側に入ってしまい猫背になってしまうので、しっかり伸ばしていきましょう。まずは手を後ろで組んで胸を張り、斜め下にぐーっと伸ばしてみてください。

傳谷 これだけでもすごく伸びている感じがします。

中島コーチ 少し腕を上げると、さらにそれが実感できると思いますよ。次は、水泳と同じく肩甲骨がよく動くようにするため、まずは立った状態で両手を交互に振ります。最初は小さく、徐々に大きく振るようにしてください。手が上にきたら、今度は回していきます。左右の腕を逆方向に回すので、慣れるまで難しいかもしれません。

傳谷 こうですか?

中島コーチ 一回目なのに、すごく上手にできていますよ。上半身をほぐすことができたので、次は下半身、股関節をほぐしましょう。

傳谷 なぜ股関節をほぐすことが重要なんですか?

中島コーチ 股関節が硬いと歩幅が狭くなってしまうんです。自然に歩幅が広がるように足を動かしていきます。まずは私と同じ方向を向いて横に並び、肩をつかんでください。そして、足を前後に振ります。手を振る時と同じように最初は小さな動きから、だんだん大きくしていきましょう。そうすると股関節の前後がよく動くようになります。

傳谷 たしかに、すごく動かしやすくなった気がします。

中島コーチ また、走る時には前後だけでなく、股関節にひねりが加わりますから、次は横に足を動かします。今度は私と向かい合って肩をつかみ、足を左右に振りましょう。これも小さい動きから大きくしていってください。難しい動きではないですから、走る前に必ず行なうようにしましょう。今回のように2人ひと組じゃなくても、どこかにつかまりながらやることができますからね。

傳谷 わかりました!

 今回は、スイム、バイク、ランの準備運動のポイントを学ぶことができました。競技に入る前に体を動かしやすくする大切さがわかったので、今後のトレーニング前にも、欠かさずに行なおうと思います!
(第3回につづく)

■プロフィール 傳谷英里香(でんや・えりか)
1995年11月2日生まれ、千葉県出身。2012年から2018年9月まで、アイドルグループ「ベイビーレイズJAPAN」のリーダーとして活動。女優を中心として、テレビや雑誌など活躍の場を広げている。■公式Instagram ■公式Twitter

ディレクター●斎藤信隆、本間敢 directed by Saito Nobutaka,Honma Isamu
ムービー撮影●竹下権優、板垣優天、江口裕祐 movie by Takeshita Chikara,Itagaki hirotaka,Eguchi Yusuke

八戸亜季子●ヘア&メイク hair&make-up by Hachinohe Akiko
松尾由美●スタイリング styling by Matsuo Yumi
彦坂雅俊●制作協力 cooperation by Hikosaka Masatoshi
衣装・用具協力/ミズノSpecializedSWANSKabuto
(取材協力:柳島スポーツ公園、湘南ベルマーレサイクルステーション茅ヶ崎、東急スポーツオアシス新宿24Plus)

関連記事