2020.09.07

内田理央さんゴルフライフ初ホール! コースマネジメントを習得するのだ

  • photo by Setsu Takahiro(biswa)

関コーチ 何か色が変わっているところとかを目印にしていただいて。

内田 できました! ......もっとこっちかな? 悩んできちゃう!

関コーチ あまり欲張らずに、右からぐるっと遠回りして大丈夫ですので。

内田 見つけました!(ボールの横へ移動)

関コーチ 足を揃えて、フェースの向きを目印に向けます。それでクラブを握ります。そして足を開いて......はい。打ってみてください。

内田 はい。(真っすぐ飛んでフェアウェイに)

関コーチ うまい。いいです。

内田 大丈夫ですか?

関コーチ はい。こんな感じでどんどん進んでいきます。

内田 はい。

(ここから数打重ねてグリーンが見えるところまで来ました)

関コーチ ピンの近くにバンカーがあるでしょ?

内田 どうしたらいいですか? 

関コーチ 遠回りして右に打ってください。

内田 こっち側なんですね!

(また数打重ねてグリーン側へ)

ボールを上げるアプローチでグリーンへ

内田 ついに見えてきました。

関コーチ たくさん打ってきましたね。

内田 はい(笑)。

関コーチ でもなかなかいい調子でここまで進んできましたよ。

内田 すごい気持ちよく飛ぶ時もあれば、何かちょっと変な方向に行っちゃう時もあれば......。

関コーチ なんと言っても、人生初ホールですから。では、いよいよここからグリーンに乗せていきますが、ボールからグリーンまで結構距離があります。

内田 はい。

関コーチ ですから、以前紹介した8番アイアンで転がすアプローチができません。

内田 なるほど。

関コーチ そこで、このアプローチウェッジを使って、ボールをフワッと上げるアプローチをやってみたいと思います。

内田 これはやり方は同じなんでしたっけ?

関コーチ ルーティーンから同じですよ。軽く素振りをして。はい。ここは大体30ヤードくらいです。30ヤードと50ヤードの練習をしましたよね。

内田 そうだ。この辺からでしたっけ?

関コーチ 30ヤードは腰くらい。50ヤードは肩くらいですので、腰から腰くらいで振ってください。