2020.08.31

内田理央さんがコースデビュー! 人生初のティーショットの行方は?

  • photo by Setsu Takahiro(biswa)

内田 はい。お願いします。

関コーチ 僕が打とうとする時、一緒に回る人の立ち位置があります。そんなに難しいことではなく、打つ人の気になるところにいないようにします。

内田 なるほど。ここだと近すぎますよね。(関コーチの側のボールの後ろに立っていました)

関コーチ 打つ方向にはボールが飛ぶのでもちろん立ちません。ボールの真後ろも、ボールがよく見えるんですけど、マナーとしてあまりよくありません。打つ人の前から後ろで、打つ人が構えた時に視界に入らないところにいるというのがマナーです。

内田 はい。

関コーチ なので、今日はこちらでお願いします。

内田 (関コーチの後ろへ移動)

関コーチ じゃあ僕から打っていきます。(打ちます。フェアウエーの真ん中に飛ぶ)

内田 おおーっ。真っすぐ行った!

関コーチ ちょうど真ん中に行きましたね。

内田 こういう時って「ナイスショット」?

関コーチ そうです。一緒に回る人がいいショットをしたら、「ナイスショト」って言うのもマナーですね。

内田 ナイスショット! すごい! めちゃめちゃ飛ぶんですね。

関コーチ 東京ドーム2個分くらいは1打でいってしまいますので。

内田 ちょっと不安になってきました、私......

関コーチ 大丈夫です。楽しんでください。じゃあ、女性用のティーまで行きましょうかね。

内田 はい。お願いします。

プレショットルーティーンでいいショットを増やす

内田 では、ついに打ってみたいと思うんですが、ちょっと確認として、このティーはどう挿すんですか?

関コーチ これはこのままズブッと芝に挿していただいて大丈夫です。

内田 どのへんだろう。

関コーチ この両端の赤いマークを結んだ線よりよりも出ないように挿してください。

内田 内側だ。じゃあこのへんかな。(ティーを挿す)

関コーチ ボールと一緒に押したほうがいいですね。

内田 高さはクラブヘッドよりボールが半分出るくらいと言っていましたよね。

関コーチ そうです。ちょうどいいと思います。