2020.08.24

内田理央さん、パッティングにトライ。構え方「3カ条」を学ぶ

  • photo by Setsu Takahiro(biswa)

関コーチ 次に、フェースの向き(条件3)。これが向いているほうがボールの転がる方向になりますので、入れたい穴にフェース面を真っすぐ向けます。これで正しい構え方が完成です。(打ってカップに入る)

内田 ほーっ!

関コーチ こんな感じです。ではこの構え方で打ってみてもらえますか?

内田 はい! 本当に軽い力でいいんですか?

関コーチ そうです。行きすぎちゃっても困りますので。

内田 ワキをしめてかがむ。ボールを目の下に。

関コーチ それで、フェース面をカップに向けて。これで軽く打ってみてください。

内田 (打ってカップをかなりオーバー)あっ! 強いんだ...。

関コーチ そうですね。もうちょっと弱く打ってみてください。

内田 なるほど。(打ってまだまだカップを大きくオーバー)あっ、全然ダメだ...。もっと弱くだ。

パッティングは肩を縦回転させる

関コーチ ちょっとここで打ち方のポイントも。肩の動かし方なんですけれども、ショットの場合は肩が横回転なんですけど、パッティングの場合は肩が縦回転します。

内田 えっ? どういうことですか?

関コーチ ちょっとかがんでください。(内田さんの両肩のラインにパターを合わせます)。ショットは横回転ですが、パターは縦、縦と動くんです。(右肩が上がり左肩が下がる動き→左肩が上がり右肩が下がる動き)

内田 あっ! こうなんだ。

関コーチ このほうが、フェース面が真っすぐカップのほうを向いたまま動いてくれます。

内田 なるほど。振り子みたいにするんですね!

関コーチ これでもうちょっと弱くしてやってみてください。

内田 はい。(今度はちょうどいい距離、わずかにカップの横にそれる)あーっ。惜しい!

関コーチ いい感じです。あのくらいカップに寄ったら、次は入りますので。このくらいの距離から(3メートル)だったら、2回で入れれば100点満点です。

内田 でもやっぱりポンって入れたいですね。