2020.07.06

内田理央さん、ラウンドを想定した練習で、真っ直ぐ飛ばす難しさを知る

  • photo by Setsu Takahiro(biswa)

内田 たしかにこれ以上手首が折れないですね。はい。残り3球!(打ちます。左に行きます)

関コーチ OK。OK。いいですよ!

内田 つづいて! 残り2球!

関コーチ ちょっと左に行ったので、握りを絞りすぎたと思います。先ほどとの中間でいきましょう。

内田 なるほど。わかりました。(打ちます。中央からやや右へ飛ぶ)

関コーチ OK。これがいちばんいいですね。

内田 もう1球あるので、トライします! 緊張しますね、やっぱり。あと何球となると。(打ちます。真っ直ぐ飛ぶ)

関コーチ 最後のが、いちばんいいです。

内田 よかったー!

関コーチ 今ので、だいたい転がりまで全部入れたら、140ヤードくらいは行っていると思います。

内田 ということは、パー4なので......。

関コーチ 300ヤードのうちの140ヤードを進めたので......。