2020.07.06

内田理央さん、ラウンドを想定した練習で、真っ直ぐ飛ばす難しさを知る

  • photo by Setsu Takahiro(biswa)

スライスの場合は、左のグリップを絞って握る

関コーチ 今までは、練習場の打席に敷いてあるマットの方向どおりに打って、あまりどこを狙うといったことは考えずにスイングに集中してもらいました。今回はコースをまわる想定の第1打目です。実際にコースでは、池があったり、どちらかのサイドが谷底だったりします。

内田 そうか。真っ直ぐ前ですね。

関コーチ ここでは、奥のネットの左の角に柱がありますが、そこから右に2本目の柱までが打っていい範囲だと思って打ってください。そこを越えてしまうと、OBと言って、プラス2打罰になってしまったり、また池に入っちゃったりすると思ってください。

内田 はい。頑張ります。(打ちます。ちょっと左に)あっ、ちょっと範囲を過ぎちゃいましたか?

関コーチ でもいい感じですよ。距離も転がりまで入れたら100ヤードくらい行っていると思います。

内田 でも、ちょっと左に行っちゃいました。

関コーチ そうですね。それで実際、コースでは1球勝負です。

内田 そうですね......。