2020.06.22

内田理央さん、ゴルフ練習場で「黙々とやっちゃいます」。番手ごとの飛距離を体感

  • photo by Setsu Takahiro(biswa)

関コーチ ピッチングウェッジと同じスイングをします。そうするとクラブが大体10ヤード、飛距離を勝手に変えてくれます。ピッチングウェッジが50ヤードでしたから、9番アイアンでうまく当たると60ヤードくらい飛ぶようになります。

内田 チャレンジしてみたいと思います。これ、黙々とやっちゃいますね。時間を忘れて。

関コーチ そうですね。コースを回ってスコアを縮めるのも楽しいですけど、こうやってサッカー少年の壁当てじゃないですけど、練習場で打つこと自体が楽しいですよね。

内田 結構、私黙々と練習するの好きかもしれないです。ずっとできちゃいます。

関コーチ なるべく頭を動かさないように、くるっとその場で回転です。

内田 頭を動かさず、その場で回転......。(真っすぐ飛ぶ)

関コーチ おっ、いい感じ。コースはこれで十分行けます。

内田 えっ? 行けるんですか?

関コーチ このぐらいでどんどん進んでいけば、大丈夫です。

内田 そうなんだ! ちょっと安心しました。このぐらい初心者でも行けるものなんですね。(次は飛距離も出る)さっきより行った!

関コーチ これで転がりまで入れると、大体60ヤードくらい行きました。

内田 気持ちよかったです。

関コーチ はい。今は芯に当たりましたね。じゃあ、次、8番アイアンです。

内田 8番は......?