2020.06.22

内田理央さん、ゴルフ練習場で「黙々とやっちゃいます」。番手ごとの飛距離を体感

  • photo by Setsu Takahiro(biswa)

クラブは変わっても同じスイング

内田 じゃあ、早速打ってみたいと思います。この(ティーに)乗っているボールは、このまま打っていいんですか?

関コーチ これはドライバーショット用にティーの上に乗っていますので、落としてマットの上に置いてください。

内田 あっ、次のボールが出てきた。ちょっとこれ感動ポイントですね!

関コーチ では、ちょっと打ってみてください。

内田 (真っすぐ飛ぶ)当たった。

関コーチ いい感じです。

内田 やっぱり飛んでいくのが見えると気持ちいいです。この調子でやっていきたいと思います。

関コーチ ピッチングウェッジだと、大体50~60ヤードくらいが飛ぶ目安です。

内田 あの「50」の看板のところですか?

関コーチ あのへんにポトっと落ちたら最高です。

内田 じゃあ、もうちょっとだ。(鋭い当たり)

関コーチ おっ、いい感じです。50ヤードくらい行くようになってきましたね。

内田 徐々になってきました。音が気持ちいい。

関コーチ そうしたらですね。50ヤードくらいピッチングウェッジで飛ばせるようになったので、次はこれ。9番アイアン。一番手あげてみます。

内田 なるほど。

関コーチ 全く同じスイングでいいです。力加減も同じです。

内田 私自身は、何も気にせずにやればいいんですね。