2020.05.18

内田理央さん、ボールを上げるアプローチのコツを知る。上げようとしちゃダメ

  • photo by Setsu Takahiro(biswa)

内田 ちょっと飛ぶんですか?

関コーチ 高く上がるということですね。では、ちょっと僕が打ってみましょう。

内田 はい、お願いします。

関コーチ 目標の高さの違う位置に、今、3本テープが貼ってありますが、高いほうのテープを狙っていきます。(上から2番目の赤いテープの高さに飛ぶ)

内田 おお、本当だ。

関コーチ 次は緑のテープ。(いちばん高い緑のテープのところへ打ちます)

内田 すごい! 自分でそんなにコントロールできるんですね!

関コーチ そうなんです。高さをコントロールできるということは、ボールを落とす場所もコントロールできることになります。こうした狭いスペースでボールを遠くに飛ばせない場合には、高さをコントロールするイメージを持って練習していただくと、アプローチの距離感を養えます。

 ショットの場合は、思いきり振って、クラブ任せで飛ばしたらよかったんですけれども、アプローチの場合には、80ヤード、50ヤード、30ヤード、10ヤードなど、自分の力加減で調整しなくてはいけないので、高さをコントロールするように練習していただくのがいちばんいいかと思います。

内田 はい。

関コーチ では、ちょっと打ってみましょう。