2020.04.06

内田理央さん、真っすぐ飛ばす!ゴルフクラブの握り方をマスター

  • photo by Setsu Takahiro(biswa)

内田 両足は肩幅で、ちょっとお辞儀をする感じでしたね。

関コーチ クラブを引っ張られても、引っ張り返しやすいような姿勢で。じゃあ、ちょっと打ってみましょうか。

あらかじめ手首を折った状態で握る

内田 はい。(ボールが右斜め方向へ飛ぶ)

関コーチ 今、ちょっとボールが右に行ったのはわかりますか?

内田 はい。右へ行きました。

関コーチ これ、初心者は大抵は右に行っちゃう方が多いんです。

内田 そういうものなんですね。

関コーチ 真っすぐ飛んだほうがいいので、右に行くのもグリップで直っちゃいます。

内田 グリップの問題なんだ...。

関コーチ 左の手首を真っすぐにして握って振ると、実際にボールが当たる時に、クラブのフェース面(ボールが当たる面)は右を向きやすくなり、ボールは右に行ってしまうんですね。

 これはクラブにボールが当たるインパクトの時に、手首が折れるのでフェース面が右に行くんです。そこで左手首を折った状態のままで握って、フェース面を真っすぐに戻した状態で構えます。

内田 そもそもこの状態で持つんですね。

関コーチ そうです。これ以上手首は折れにくいですから、フェース面も右に向きにくいんです。
 
 それで、手首を曲げて左腕を内側にしぼったんですけど、左手の親指はクラブの真上に乗っけてください。