2020.04.06

内田理央さん、真っすぐ飛ばす!ゴルフクラブの握り方をマスター

  • photo by Setsu Takahiro(biswa)

関コーチ 指の付け根で持つと、手首のスナップがききやすくなりますので、スイングの時に手をあまり動かさなくても、ヘッドがたくさん動いてくれるようになります。これを「ヘッドが走る」と言います。

内田 ヘッドが走る!?

関コーチ ヘッドを走らせるためのグリップなんですね。すなわち、飛距離をさらに遠くに飛ばすためです。女性はやはり力がないので、ヘッドを走らせるグリップはボールを遠くに飛ばすためのコツです。

内田 わかりました! ポイントですね。指の付け根で持つ。

関コーチ 次に右手です。女性や子どもなど、力のない方は、右手の小指と左手の人差し指を絡ませて、右手で左手の親指を包み込むようにして握ります。

内田 こうですか?

関コーチ すごくいいです。きれいなグリップ。この握り方が「インターロッキンググリップ」といいます。男性の場合は「オーバーラッピンググリップ」といって、右の小指を左手の人差し指と中指の間に乗せる握り方が通常です。

内田 こういう持ち方もあるんですね。でもやっぱり私はインターロッキンググリップのほうが、しっかり持てる気がします。安定感と安心する感じがあります。

関コーチ 握力が少ないですから、インターロッキンググリップのほうがお勧めだと思います。

 では、その状態でクラブを下ろして、構えてみてください。