2020.03.30

内田理央さん、ゴルフの構え方を学びミート率UP!「猫背はダメ」

  • photo by Setsu Takahiro(biswa)

内田 そうか。もっと狭くですね。

関コーチ 肩幅くらいのスタンス幅で、もう1回体を右に左に回してみてください。

内田 こっちのほうが回しやすいです。

関コーチ このほうが体の回転スピードが上がって、クラブのスピードも上がって、飛距離も伸びます。ミート率といって、クラブにボールがちゃんと当たる確率も、このほうが増します。

 もう一つですが、ちょっと背中が猫背になっちゃっているんですね。

内田 ホントだ...。

遠心力に振り回されない姿勢が大切

関コーチ なるべく姿勢よく構えて頂きたいんですけれども、これは理由が大事なんです。どうしてそうしなくちゃいけないのか。

 クラブを振った時には遠心力が発生するので、手を離すとクラブは飛んで行ってしまいます。この時の飛んで行く力は20キロくらいあると言われています。

内田 えーっ。結構あるんですね!?

関コーチ 20キロで飛んで行こうとしているので、20キロで引っ張り返さないと、自分のスイングの軸が動いてしまうんですね。

内田 なるほど。

関コーチ 軸が動いちゃうと、スイングの時にクラブが正しい円を描けませんので、ボールが当たり難くなります。

内田 猫背だとダメなんですね。

関コーチ そうなんです。そこで遠心力を引っ張り返しやすい構えをしなくちゃいけないんです。

内田 なるほど! わかりやすい。