2020.03.23

内田理央さん、ゴルフに初挑戦。スイングを学び、いきなり打ってみた

  • photo by Setsu Takahiro(biswa)

体は横に回転。腕は縦に上げ下ろし

関コーチ 振り方を説明したいと思います。一般的には、クラブの握り方とか、打つ時の構え方から入るんですけど、ここでは打ち方からいきなりやっちゃいます!

内田 えっ? 大丈夫なんですか?

関コーチ 大丈夫です。スーパーレッスンですから、これ。

内田 スーパーレッスン!

関コーチ まず、私が今振っている形。これは普通にテレビで見るようなゴルフスイングですね。

内田 はい。よく見る形だと思います。

関コーチ これは、体を左右に回転しながら、腕を振り上げて→振り下ろして→また振り上げています。「体の回転」と「腕の振り上げ・振り下ろし」を同時にやるのがゴルフスイングなんです。

 体が横に回転して、腕が縦に振り上げ振り下ろしているんです。

 でも、横の動きと縦の動きが同時だと難しいので、分解します。まず腕を振り上げたり、振り下ろしたりしないで、体の回転だけします。

内田 ただ体を回転させるだけですね。

関コーチ そうです。この時に、手を横に動かしてクラブを動かさないようにします。

内田 ああ、これはダメなんですね。

関コーチ 手を横に動かすだけでは、体が回っていないですよね。体が右に向くからクラブが右に来ていて、体が左に向くからクラブが左に来るんです。これがクラブの横運動です。

 みなさん、手を横に動かすと思っちゃうんですけど、これをやると遠回り。

内田 えっ? これ違うんですか?

関コーチ (ボールが)当たらないんですよ。これを教わらないで最初に打っちゃうと、全然当たらなくて、「ああ難しい」ってなっちゃうんです。

内田 当たらないんだ。じゃあ、手はどうなっているんですか?

関コーチ 手はですね。縦に上げて、下ろすだけです。

内田 本当に上げて下ろすだけなんですね。

関コーチ 体の回転で、クラブは横に動いてくれています。ですので、体を右に向けて、クラブを右肩に担ぐと、打つ前の形になります。

内田 なります! すごい!

関コーチ これが、初めてゴルフをやる人でも、もう1球目からちゃんと当たっちゃうという、スーパー理論ですから。

内田 大丈夫かな。ちょっと心配......。