2016.12.19

【内藤雄士ゴルフレッスン】芝の上と
バンカー、インパクトの形に違いあり

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato
  • スギゾー。●撮影 photo by Sugizo.


内藤 ふつう芝から打つ時、例えばアプローチの時にはややハンドファーストでボールにコンタクトすると説明しました。バンカーショットに関しては、ハンドファーストに当てるイメージは必要ありません。シャフトが地面に対して垂直か、もしくは手元よりもヘッドが前に出るようなインパクトをイメージしてください。

白石 内藤コーチが言うインパクトの形が作れると、何が良くなるんですか?

内藤 アプローチの時は、軌道の最下点よりも前にボールに当てるために、ハンドファーストにするわけですが、バンカーショットはヘッドを先に砂に接地させたいので、シャフトが垂直になったインパクトを目指すわけです。ちょうどソールの幅の分だけ、ボールの後ろ側にヘッドを落とすイメージです。

白石 なるほど。難しく感じますね。

内藤 そうですね。ラウンドデビューするにはバンカーショットは最低限の打ち方を知っておくだけで十分だと考えています。今の白石さんは、スイング的にかなりいい感じで上達しているので、ここでインパクトのイメージが変わってしまうのも危険だと思っています。だから、バンカーショットであまりうまく打てなくても気にしないでください。バンカーショットとは、こういう打ち方をするんだという程度に頭に入れておいてください。

白石 わかりました。いよいよラウンドデビューが近づいてきたんですね。ドキドキします!