2016.10.01

【内藤雄士ゴルフレッスン】「肩のライン」に
気をつけて、飛距離をアップ

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato  中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi

白石あさえの目指せコースデビュー! 連載●第27回 
〜カリスマコーチ内藤雄士がビギナーのために特別レッスン〜

  さらなる飛距離アップのために確認すべきことは……。

内藤雄士コーチ:以下内藤 久しぶりにドライバーショットを見させてもらいましたが、かなり振れるようになっていますね。ゴルフのスイングになってきていますよ。

白石あさえ:以下白石 本当ですか!? この1ヶ月の自主練では、とにかく今までやってきたことを頭に入れながら取り組みました。褒めてもらえると、また頑張れそうです!

内藤 今の段階で、自分で何か悩んでいることはありますか? 結構、よいショットも増えてきたように感じましたが。

白石 内藤コーチにレッスンしてもらったときにも言われたことで、やっぱり体の開きが早くなると芯で当たっていない感じがあります。あと、フォロー側でうまく腕を返せないんです。

内藤 なるほど。その分析は的確ですね。スイングを見ていて、今の段階で直さなければならないのは、アドレスでの肩のラインです。これはレッスンの最初の段階でやったことですが、段々とスイングができてきて、ボールを飛ばせるようになってくると、どんどん欲が出てきて、ボールに当てたいという気持ちが強くなるんです。するとアドレスで右肩が前に出やすくなる。