2016.09.03

【内藤雄士ゴルフレッスン】
「ハンドファースト」を覚えよう

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato  中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi

白石あさえの目指せコースデビュー! 連載●第23回 
〜カリスマコーチ内藤雄士がビギナーのために特別レッスン〜

   アイアンの基本「ハンドファースト」とは?

内藤雄士コーチ:以下内藤 ドライバーのレッスンから始めてもらった白石さんにとっては、前回のPW(ピッチングウェッジ)のレッスンはいかがでしたか?

白石あさえ:以下白石 なんだかボールとの距離が近くなったからか、打ちにくく感じました。ボールを真上から見ているような感じがして。

内藤 なるほど。通常は短いクラブから練習することが多いので、世の多くのゴルファーはドライバーの方が難しいと答える人がほとんどなんですよ。

白石 そうなんですか? ドライバーの方が全然当たる感じが強いんですが。

内藤 もちろん練習量に比例するものなので、慣れとか感覚といったものが白石さんの場合、ドライバーから入っているので当然といえば当然なんです。だからこそ、クラブが変わったことによるボールとの距離やインパクトのフィーリングというものは、クラブごとに覚えておく必要があります。今回は前回もやった体を回すことの重要性を覚えてもらうことと、アイアンのインパクトの形について説明します。

白石 よろしくお願いします。