2020.07.10

セナ、シューマッハ…。凄腕F1カメラマンがとらえた歴史的瞬間

2012年ブラジルGP ミハエル・シューマッハの2度目の引退レースとなったブラジルGP。7位でゴールしたシューマッハは、このレースでタイトルを決めたセバスチャン・ベッテルを祝福しました。引退試合でヘルメットを取った後、真っ先に歩み寄ったのは、普段から仲が良い、母国の後輩のところだったのです。(熱田護・撮影)