2020.07.10

セナ、シューマッハ…。凄腕F1カメラマンがとらえた歴史的瞬間

2006年イタリアGP シューマッハはこの頃引退説がささやかれていて、僕は「絶対にイタリアで発表する」と思って狙っていました。すると、普段は勝つと飛び跳ねるなど喜びを爆発されるシューマッハがこんな哀愁を帯びた表情を見せました。実際、この後で引退宣言をするのですが、彼と同じ時期をF1で歩んできたので、撮影していて涙がこぼれそうになりました。(桜井淳雄・撮影)