2020.07.10

セナ、シューマッハ…。凄腕F1カメラマンがとらえた歴史的瞬間

2018年アメリカGP キミ・ライコネンが最後に優勝したレース。彼は撮られることが大嫌いで、カメラに気づくとすぐ背中を向けてくる。諦めずにまわり込んで撮ろうとすると、また背中を向けるという繰り返しです(笑)。でも見た目も言動もカッコいい。撮っていて絵になりますし、大好きな選手のひとりです。だからこの時彼が勝って、僕もすごくうれしかったのを覚えています。(熱田護・撮影)