2018.11.29

スペインの目利きが気になった
「日本代表の新戦力」13人を分析

◆堂安律(フローニンゲン)
「ベネズエラ戦では、得意とする左足でのプレーで、右サイドから中に切り込み、仕掛けている。ダイアゴナルの意識が強い。ただ、シュートの精度は足りなかった。キルギス戦は後半途中から出場し、南野拓実のパスをワンタッチで中島にアシスト。ディフェンスラインの前でプレーする技術に長けたアタッカーだ」
photo by Fujita Masato
記事を読む>スペインの目利きが気になった「日本代表の新戦力」13人を分析