2018.11.29

スペインの目利きが気になった
「日本代表の新戦力」13人を分析

◆酒井宏樹(マルセイユ)
「ベネズエラ戦は、セットプレーから中島翔哉のクロスをボレーで合わせている。相手GKのミスもあったが、身体能力の高さを示した。ロシアW杯前から不動の存在で、この日も右サイドで強度を与えている。ただし終盤、不用意に体を入れようとしてファウルとなり、PKを与えたシーンは反省材料か」
photo by Fujita Masato
記事を読む>スペインの目利きが気になった「日本代表の新戦力」13人を分析