2018.11.29

スペインの目利きが気になった
「日本代表の新戦力」13人を分析

◆原口元気(ハノーファー)
「ベネズエラ戦は、ドリブルで推進力を見せている。ハリルジャパン時代から、日本人アタッカーとしては抜きん出てプレー強度が高い。キルギス戦は先発し、伊東同様にサイドバックのオーバーラップを促した。左サイドを駆け上がって、マイナスのクロスをファーサイドの伊東に返したシーンは秀逸だった」
photo by Fujita Masato
記事を読む>スペインの目利きが気になった「日本代表の新戦力」13人を分析