2018.05.14

体と対話するエクササイズ◇シュートボクシング編

次はパンチ、キックともに使う”ひねり”の動作で腰を傷めないように、徐々に可動域を広げていきます。中腰でひねった体勢をキープする動作や、ハワイアンヨガで行なった「丸太のポーズ」と同じ、開脚して座り体をひねる動作を行なっていく。
photo by Yamamoto Raita
記事を読む>馬場ふみか、今度はシュートボクシングに挑戦。顔にパンチはやめて!