2021.02.18

岡副麻希が突撃取材!パラ水泳木村敬一と松岡修造の「受け入れる力」に感激

  • PROMOTION 荒木美晴●構成 text by Araki Miharu
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

岡副 私だったら、そこでわめいちゃうかもしれません。

木村 しょうがないんじゃないですかね。そういう人が多いので大丈夫ですよ(笑)。

岡副 アメリカでのトレーニングを経験して、新たに気づいたことや学んだことはありますか?

木村 アメリカ人がやっていること全部を真似するんじゃなくて、その中から自分に何が必要なのかを考えることが大事だと学びました。というのも、アジア人である自分はアメリカ人と比べると身体のポテンシャルがそもそも弱いと気づいたんです。向こうでのトレーニングは、ウォーミングアップやクーリングダウンの時間が短かったり、朝起きていきなりハードトレーニングをしたりすることもあって、彼らはできる体質かもしれないけれど、僕には無理だなと思って。みんなで一緒にやるトレーニングがあっても、その前に自分がやるべきトレーニングや準備にきちんと取り組むようにしました。

岡副 環境のすべてを受け入れるわけではない、と。

木村 単にフィジカルの強さを求める戦いなら絶対に勝てないけれど、水泳は技術やメンタル、フィジカルが組み合わさって、どっちが泳ぐのが速いかを競う競技です。こうやって日本人も戦えているのは、日本人の努力でしかない。そこは忘れちゃいけないと思っています。

岡副 松岡さんも海外を拠点にしていた時がありましたよね。木村選手の話を聞いてどう思われますか?

松岡 日本人は自分を表現することが苦手だけど、アメリカでは通用しないし、自分から言わなければ何も動きません。だから僕は、ジュニア時代の(テニスの)錦織圭選手に、自立すること、決断すること、自分の思ったことを表現することをより大事にするよう伝え続けました。木村さんが言ったように、日本人のよさももちろんあるので、それを自分の中にどれだけ取り入れていくかが大事だと思いますね。