2020.11.13

谷原章介が新作クラブに興味津々。
「僕でも球が上がるんだ」

  • PROMOTION texy by Sporitva
  • 能登直●写真 photo by Noto Sunao(a presto)

谷原 初心者も入りやすいし、ある程度できる上級者の方にも対応できる間口の広い、懐の深いクラブということですね。

諸見里 はい。ゴルファーにとって一番の武器になるクラブだと思います。球がなかなか上がりづらいなという方は10.5度のロフトがお勧めで、逆に球が上がりやすいという方は9.5度や9度がすごくお勧めですね。

谷原 上がらないんですよ、僕。

諸見里 のちほど地下1階の試打室で、ぜひ10.5度を試してみてください。

谷原 こういう説明を聞くとすごく腑に落ちますね。僕でも球が上がるんだと。

諸見里さんが谷原さんのためにウエア選び

谷原 (2Fのアパレルコーナー)ウエアがそろっていますね。

諸見里 秋冬の新作のウエアになります。

谷原 すごくモダンでスポーティーで素敵ですね。ゴルフのウエアで大事なポイントはどんなところですか。

諸見里 私はプロゴルファーとしてみなさんの前でプレーしますので、明るいウエアを選ぶようにしています。あとは機能性ですね。動きやすくて、ゴルフのスイングがしやすいことを一番大事にしています。

谷原 諸見里さんは、どんなものを男性に着てほしいですか。

諸見里 谷原さんなら、白いウエアがすごくお似合いになるなと思います。

谷原 ちょっと選んでみてもらっていいですか。正直今までのゴルフウエアってどちらかと言うと、機能性はあっても、デザイン性はそこまでではなかった印象がありますが、テーラーメイドにこんな素敵なデザインがあるとは思わなかったですね。

諸見里 こちらの白のウエア(ウィンドブレーカージャケット)はどうでしょうか。

谷原 諸見里さん、センスがいいですね。この白のアウターと青の長袖シャツ(ホールガーメントL/Sモック)はすごく合うと思いますよ。