2020.11.13

谷原章介が新作クラブに興味津々。
「僕でも球が上がるんだ」

  • PROMOTION texy by Sporitva
  • 能登直●写真 photo by Noto Sunao(a presto)

諸見里 それは経験の豊富さとかではなくて、人ぞれぞれの感覚やタイプです。私は「私にとって難しそう」であったり、「この顔(クラブのヘッド)が好きだな」と感じるものがあったりするので、まずはそれを手に取って構えてみてます。そうすると、「ちょっと難しいな」とか、「構えやすいな」とか、「イケメンだな」と感じたりするんです。

谷原 クラブにイケメンってあるんですか。

諸見里 ありますね。「きれいな顔しているな」とか。

谷原 この2つのアイアンは全然違いますもんね。ソールの部分が少し薄いですよね。

諸見里 本当にコンマ何ミリの世界なんですけど、構えてもらうと見え方が違ったりするので、ぜひ試してみてください。

谷原 なるほど。

諸見里 (1F:クラブ展示スペース)これがタイガー・ウッズモデル「ミルドグラインド2 ウェッジ タイガーウッズBOXセット(限定モデル)」となります。

谷原 僕らみたいな素人が使いこなすのは難しいモデルなんですか。

諸見里 タイガー・ウッズはすごくフィジカルトレーニングをしていてパワーがありますので、一般の方が使うとなると、すごく難しいクラブになると思います。でも打ってみたいなと思いますね。タイガー・ウッズはどういうスペックにしているんだろうというのはすごく気になります。

谷原 確かにそうですね。

最強クラブ「SIMグローレ」の特徴に感心

谷原 こちらのクラブのコーナーはなんでしょうか。

諸見里 新しく発売されたSIMグローレになります。もともとSIMシリーズとグローレシリーズがあったんですが、それがコラボレーションをした最強のクラブとなります。

谷原 そのSIMシリーズとグローレシリーズはどんな違いがあるんですか。

諸見里 SIMシリーズはヘッドスピードが速めの方に適していて、グローレシリーズは幅広い方々に使ってもらえるクラブです。今回新しく誕生したSIMグローレは、SIMシリーズのいいところと、グローレシリーズのいいところを合わせたクラブとなっています。