2019.09.14

大迫傑もスーパースローに驚き。
「練習で使ってみたい!」

  • 菊池康平●取材、Sportiva●文

手にした瞬間から高性能なカメラ機能でセルフィ―を楽しむ

スカイ・ブラウン(11歳) スケードボード
すかい・ぶらうん/2008年7月7日生まれ。宮崎県出身。イギリス人の父親の影響で3歳からスケートボードを始める。7歳でナイキとスポンサー契約を結び、最年少のプロスケートボーダーとなった。今年3月にはイギリスのスケードボード選手団の一員となり、4月の全英スケートボード選手権で優勝を果たす。イギリス代表として東京2020大会への出場を目指す。
Instagram:skybrown
Twitter:@skyandocean_

――スカイ選手は、スケートボードや得意のサーフィンをしている様子を写真や動画で発信していて、Instagramのフォロワーは約40万人いるそうですが、SNSはどんなところが楽しいですか?

スカイ 発信するのは楽しくて、「いいね!』をもらうとすごくうれしいし、こんなに応援してくれているんだなと実感できるんです。

――スケートボードをやっていて、うまくいかないなと思ったときはどうしていますか?

スカイ 練習前に音楽を聴いて、モチベーションをあげて練習を始めます。少しはケガをすることもありますが、上達するためにとにかくたくさん練習しています。

――東京オリンピックについてはどんな思いがありますか?

スカイ オリンピックはすごく楽しみにしているし、何よりも見ているみんなに楽しんでもらいたいです。そして『年齢に関係なく、なんでもできるんだ。自分もできるぞ!』って思ってもらいたいです。