2021.08.20

岡副麻希が「しびれました」というスーパーGTのレースとは。激推しするドライバーの名前も挙げた

  • 川原田 剛●構成 text by Kawarada Tsuyoshi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 これまでのスーパーGTでは、ブリヂストン勢がどのサーキットでも安定して速かったのですが、猛暑のもてぎではヨコハマがすごく強かった。ダンロップを使用するTEAM Red Bull MUGEN(笹原右京選手/大湯都史樹選手)も4位に入っています。また、NISMOが履くミシュランもこれまで暑さを得意としていますので、鈴鹿ではタイヤメーカーの戦いが面白いですし、勝敗の鍵を握ると思います。

 開幕からの3戦で印象に残っているドライバーは、TGR TEAM au TOM'Sの坪井選手。とにかく速いですし、すごくやってくれそうな期待感があります。チームメイトの関口選手もイケイケで、いつも気合いが入っていますが、今年の坪井選手はそれ以上の勢いがあります。普段は本当に穏やかな好青年なんですが、マシンに乗ると豹変します。

 開幕戦のレース終盤、坪井選手とTGR TEAM ENEOS ROOKIEの山下選手の優勝争いは本当にしびれました。ふたりはレーシングカート時代からのライバルで、そう簡単には譲りません。これからも接近戦のすごいバトルを繰り広げ、サーキットを盛り上げてくれると思っています。

 ホンダ勢では山本選手の存在感が際立っていますが、ARTAのチーム内の雰囲気もすごくよくて、GT500とGT300ともに監督とドライバーがいい関係を築いているように感じますね。総監督の鈴木亜久里さんとエグゼクティブアドバイザーの土屋圭一さんの選手に対する視線が本当に素敵です。

 ふたりとも現役時代は偉大な選手でしたが、今の時代をしっかり見ていて、若いドライバーたちと同じ目線に立とうとしています。「自分たちの頃は監督から頭ごなしに言われたけど、そんなふうにやっても何も変わらないから」と土屋さんが話していました。インタビューをしていると、私も人としての接し方を教わっている気がします。