2020.09.11

岡副麻希が熱く語る「心が震えた」スーパーGT激戦の現場秘話

  • 川原田剛●取材・文 text by Kawarada Tsuyoshi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

「スーパーGPの魅力を伝えたい」と話す岡副さん「スーパーGPの魅力を伝えたい」と話す岡副さん  二人はコースを飛び出すほどの激しいバトルを何周にもわたって展開し、ついに山下選手が関口選手を追い抜き、2位に浮上。そのままレースを走り切り、初タイトルを決めました。山下選手が関口選手をオーバーテイクした瞬間は、心が震えました。

 関口選手は普段インタビューしている時はヤンチャな雰囲気なのですが、すごく人間味にあふれる選手だと思います。一方の山下選手は冷静な好青年というイメージだったのですが、その二人がコース上であんなにも熱く激しいドライビングをするのを見て、すごいなぁって熱くなりました。

 そのレースは、山下選手たちとタイトルを争っていた平川亮/ニック・キャシディ組のLEXUS TEAM KeePer TOM'Sが制しました。彼らはこのレースで勝利を手にしたものの、わずか2点差でシリーズチャンピオンの座を逃しました。平川選手はレース中すごく集中していて、感情をほとんど表に出さない選手です。でも、もてぎでの最終戦ではレース後、すごく悔しそうにしていた表情も印象に残っています。

 今シーズンの第2戦富士スピードウェイも印象的なレースでした。塚越広大選手とベルトラン・バゲット選手のドライブするKEIHIN REAL RACINGが優勝しましたが、彼らと優勝争いをしていたのが同じホンダのARTAでした。

 ピットインを終えてARTAの野尻智紀選手がトップを走っていましたが、塚越選手が背後に迫った瞬間に野尻選手はまさかのスピン。そのシーンをピットのモニターで見守っていたチームメイトの福住仁嶺選手が、叫びながら頭を抱えるシーンがありました。その瞬間を私はARTAのピットで見ていました。