2019.10.10

シドニーで悲願の銀メダル。
中村真衣を支えた母と同級生の励まし

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • Photo by Jun Tsukida/AFLO SPORT

「私は母子家庭で、高校を卒業した時にはお金の面で親にすごく迷惑をかけると思って大学をいろいろと探したんです。でも、五輪でメダルを獲るにはやっぱり中央大学しかないと思い、母にも相談すると、『あんたがそうやって頑張るならいいよ』と言ってくれました。

 竹村先生も、単身で東京についてきてくれました。大学1年の時は、(同じ大学の田中)雅美ちゃんも(源)純夏も日本記録を出せているのに私だけ出せなくて、すごく落ち込んだんです。その時にふたりともすごく励ましてくれて、母もすごく励ましてくれたので頑張ることができて、2年ではほんのわずかだけど日本記録を更新できました。

 周りから見ればずっと順調に来たように見えるだろうけど、本当は心の波もいろいろあったので、シドニーのメダルは、家族や竹村先生や、周りのみんなの支えがあって頑張ってこられたからこそ獲れたものだと思っています」

 中村のメダル獲得は、その後の日本競泳陣が五輪や世界選手権で複数メダルを獲得するチームに成長していく契機になる活躍だった。

関連記事