2017.09.01

選手が別人のようになっていく。
松田丈志の見た世界ジュニア選手権

  • 松田丈志●文・写真  text & photo by Matsuda Takeshi

 各国の選手が必死に結果を求めて泳ぎ、どこの国もチームメイトを応援する。結果を出せば、チームメイトをはじめ、たくさんの人が喜んでくれる。そんなレースを見ていくうちに、自分がこの大会で優勝した価値を感じたのだろう。

 また、 表彰台から見た景色も気持ちよかったのだと思う。「もう一度勝ちたい」という思い通り、見事200m個人メドレーでも表彰台の一番上に立った。

 今後は、まず日本国内で大橋悠依らとの代表争いを勝ち抜いていく必要がある。日本の男子個人メドレーのように、国内レースから世界トップレベルの争いができれば、さらに女子個人メドレーのレベルも上がっていくだろう。

 酒井夏海の成長も頼もしかった。背泳ぎ3種目すべてで自己記録を更新し、50mでは金メダルも獲得した。

 酒井は昨年のリオ五輪代表だが、今シーズンは世界選手権の代表には入れず、今大会に懸けてきた。酒井は身長175cmの身体を活かした大きなストロークが持ち味だが、課題はストロークのテンポが上がりづらいことだった。

 そこを陸上トレーニングによる筋力強化と、右手のストロークが深くなるクセを修正することによって、改善してきた。同じ泳ぎでテンポが上がれば、スピードも上がる。その成果は50mの金メダルにつながったし、その泳ぎのスピードアップが100m、200mの自己記録更新にもつながった。

 今夏の世界選手権で女子日本代表は4×100mメドレーリレーに出場できなかった。背泳ぎの代表選手がいなかったからだ。

 ロンドン五輪では銅メダルを獲得している種目なだけに、エントリーすらできない状況は残念だった。酒井夏海には日本の背泳ぎを代表する選手となって、シニアの世界大会でも活躍してほしい。