2017.07.29

金じゃなくても大きな意味のある
男子200m平泳ぎ「ダブル表彰台」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by Fujita Takao

 小関は、「ラスト50mで一平くんは見えたけど、チュプコフは見えなかったですね。でも絶対に3人で競っているだろうという感覚で泳いでいました。目標にしていた一平くんとのワンツーフィニッシュはできなかったけど、ふたりでメダルを獲れたのでホッとしました。チュプコフとの差は0.3秒だけど、実際彼が2分6秒台を出すとは思っていなかったので……。でも、僕も今シーズンは2分7秒台前半で泳げているので、うまく泳げば6秒台に届くのかなと思いました」と小関は言う。

 また渡辺は、「優勝を目標にやってきたんですが、去年のリオでメダルを獲れず、悔しい思いをしたので、メダルを獲れたというのはすごくうれしい。しかも小関さんとダブル表彰台なのでホッとする気持ちもあります。日本のお家芸復活といえるような結果ですが、小関さんは100mでも活躍しているので、僕も100mでも食らいつけるような選手になって、次はワンツーフィニッシュを実現し、本当のお家芸復活といえる結果を出したい」と今後の目標を語った。

 ただ、それでも小関はこの結果を「北島康介さんは100mと200mの2種目で結果を出していたが、自分たちはまだ200mで結果を出しただけだから、日本の平泳ぎの強さを見せられたわけではない」と戒める。

「だから僕は、何色でもいいからもう1個メダルが欲しいと思いますね。こういう結果を続けることが大事。常に3番以内に入るパフォーマンスを大舞台でできるテクニックや強い気持が、東京五輪へ向けては絶対に必要になると思います。