2021.08.05

三浦龍司が3000m障害で見せた信じられない走り。「パリ五輪でのメダル獲得」に近づいた

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by AJPS

「最初の1000mをもう少し落ち着いていけていたら、結果も変わったのではないかと思います。でも、それはどちらに転ぶかわからないことだから、今日のレースはこれでよかったと思います。2000m通過から切り替えるということはできたし、最後は全力で余力もなかったけど、うまく体を動かせたことが入賞という結果につながったと思います」

 ペースが強烈に上下するような展開にはならなかったが、世界のラスト1000mの激しい順位争いを自分の体で体感できたことは大きな収穫だ。それとともに、その先の目標だと考えていた入賞や、8分ひと桁の記録を実現したことについてはこう話す。

「これからも向上していくということは変わらないですが、これからは上昇していく伸び率も変化してくると思うので、自分とじっくりと向き合っていかなければいけないと思います。今回は8分ひと桁の前半のタイムを持っていないと、実力的にもレース的にも勝つことはできないと感じたので、しっかりと走力を上げなければいけないと思いました」

 今大会の三浦の活躍が、日本ではマイナーと言われる3000m障害という競技の魅力を広めるきっかけになったのは間違いないだろう。

 大会前のインタビューで「3000m障害は楽しくて、好き」と語っていたように、東京五輪での経験を踏まえ「3年後のパリ五輪でのメダル獲得」という目標に向けて、これからも楽しみながら成長していってほしい。

関連記事