2019.11.26

箱根連覇へ東海大の最後のピース
となるか。館澤亨次が大ケガから復帰

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by Sato Shun

 だが箱根までの1カ月半で、これまで抜群の安定感を見せていた館澤自身を超えるのは容易なことではない。毎年、主戦場の1500mから20キロに耐えられる足をつくる時に苦しんでいたが、まだそういう状況ではない。箱根まで厳しい道のりが続くが、キャプテンが戻ってくればチームの士気が高まるのは間違いない。

 館澤だけでなく、駅伝シーズンに入ってから關、鬼塚翔太、阪口竜平といった黄金世代の主力が苦しんでいる。彼らにとって次の箱根が学生最後のレースになるわけだが、はたしてどれだけの4年生がメンバーに入っていけるのだろうか。

「自分たちが黄金世代と言われても、今年は3年生の活躍が大きいじゃないですか。それに市村とか下の世代の突き上げも激しい。でも、やっぱり4年生が強いと思うんです。最後の箱根は自分たちがしっかり走って優勝し、『4年生がいたからこそのチームだった』と言われるようにしたいですね」

 今のチームに黄金世代の主力が戻ってくれば、分厚い選手層が実現し、東海大史上最強のアベンジャーズが完成するだろう。そして隠れたヒーローは最後に登場する。それが館澤であっても、なんら不思議ではない。

 『箱根奪取 東海大・スピード世代 結実のとき』

【発売日】2019年10月4日

【発行】集英社

【定価】1,300円(本体)+税

【内容】2019年1月3日──。 往路2位から復路8区の大逆転劇で みごと箱根駅伝初優勝を飾った東海大学。 その“栄光”にいたる道程にあった苦難や葛藤、 当日のレース模様などを 監督、コーチ、選手たちの証言を交えて 鮮やかに描き出す。

そして、「黄金世代」と呼ばれて輝きを放ってきた 現4年生たちが迎える学生最後のシーズン。彼らはどのような決意で箱根連覇に挑むのか。 出雲・全日本も含む3冠獲得を目指し、東海大学の「黄金世代」が駅伝シーズンに向け、再び走り出す 。

購入はこちらから>>

関連記事